その先の未来へ

一般社団法人日本ホスピタルクリエーション協会
当協会について

協会理念

▶健康と共に、その先の未来へ。

 

ミッション

1.人々と組織の健康。その先の新しい価値を創造する。
2.SDGs“SustainableDevelopment Goals“ゴール2030年
特にベーシックヒューマンニーズ課題について助産師の知見をもとに活動する。

▶助産師の専門的知見をもとに女性の健康・保持増進への社会課題へ貢献する
▶現代の“多様性“を尊重した組織作り人々の健康と企業の健康的な組織作りへ貢献する
▶看護師・助産師の健康とキャリア・セカンドキャリア・ボランティア活動を応援する

理事あいさつ

代表理事  佐々木純子

皆さまへ
人々の健康とよりよい社会の創造へ。

昨今の様々な社会背景から「健康」と「経済」は関連があるものと誰しもが認識していることと思います。
企業においては、働く人の健康に着目した労務環境の構築や制度づくりが必要となりました。
これからの企業活動においては、ESGの観点からも人々の健康やステークホルダーとのエンゲージメント
といった観点から、「健康」と「経済」を考え企業価値の向上に努める動きが加速すると考えます。

 

私たちは、病院で出会う患者様はもちろん、病院だけでなく企業で働く人々、組織の健康にも着目し、
それを支えるスペシャリストでありたいと思っています。

 

時代の変化と共に、助産師 看護師 保健師の活動は病院のみでなく
さらに広く社会に役割価値は広がっています。

 

昨今の健康的な経営視点から組織・働く人々への健康課題の解決や
ヘルスリテラシーの向上に向けた取り組みを求めらる時代となりました。
私たちの医療機関での経験が、広く働く人々の健康に寄与できることを目ざします。

女性の健康保持増進に向けた取り組み

妊娠・出産・子育てをしながら
仕事を続けキャリアアップ
母親として 女性として 職業人として活躍する
そういった女性がこれからはもっと増えてくると感じます。

また、妊娠を望む女性の気持ち、中には不妊治療を受ける方々もいらしゃいます。
病気や治療、仕事との両立というように。
今や人生と仕事、そこには健康に関連する何らかの課題が存在することも多いです。

 

病院にも多くの診療科目があるように、よりよい健康や組織づくりのためにも、
必要に応じその専門家と繋がっていくということ。どうぞ私たちも活用してください。

私たち、特に助産師は、女性のライフステージやライフイベントで起こる心身の変調の理解
女性のライフステージに起こりやすい健康課題に寄り添う専門家として社会課題に貢献していきます。

 

広く人々が健康的な職業人生を送れる社会へ。

 

そして、この先には、社会における一般社団法人日本ホスピタルクリエーション協会の存在価値をこれから出会う皆さまと、さらに大きな力となり一緒に創っていくことができましたら幸いでございます。

代表理事  佐々木純子

 

 

協会概要

・当法人は、医療職への知見の教授をはじめ広く医療に関する知見の普及及び啓蒙を目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。

1医療職者を対象としたセミナー事業
2看護師及び助産師を対象としたセミナー事業
3子育て支援に関する一般的なセミナー事業
4前各号に附帯又は関連する事業

法人名 一般社団法人日本ホスピタルクリエーション協会
代表者 佐々木 純子
所在地 東京都港区麻布十番1丁目2−7ラフィネ麻布十番701号
TEL 03-6869-7834
FAX 03-6893-3931
URL https://hospitalcreation.jp/
Email info@hospitalcreation.jp
ページトップ